紙月狐のメモ

紙月狐の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紙月狐のメモ 鬼ごっこ

鬼ごっこ

 教室にいるのは僕と、3人の人間のみだった。
 3人の人間は影の中にいるせいで、顔がはっきりとしないが気配が希薄で不気味だった。
「僕らが触ったら君は死ぬよ」
 3人のうちの1人が無感情に言う。
「君は僕らを指差して”スロウ”といえば、数秒の間だけ僕らを遅く出来る。ルールはこれだけ。後は校舎から逃げ切れれば君の勝ちだ」
 3人の人間は口だけでにいっっと笑うと腰を低くした。
 僕はそれを目の端で確認すると教室を飛び出した。
 廊下に飛び出すと人でごった返していた。生徒たちは僕を確認すると小首をかしげる。僕は彼らがどんな表情をしているのか確認する暇も無く、走り出した。
 僕の後ろでは扉が力任せに開く音と、それに伴う生徒たちのざわめき、そして人が床に倒れる音が続く。
 ちらりと後ろを見ると、3人の人間が追いかけてきている。そしてその後ろには、力なく倒れる生徒たち。どうやら、彼らに触れたものは総じて生を終わらせるようだった。
 僕は試しに1人に対して指を刺しスロウと言ってみる。指差された者が動きを遅くする。遅くした時間を数えてみると3秒間、速さは2分の1になるらしかった。
 僕は連続して彼らにスロウをかければ逃げ切れるのでは思ったが、いくら相手の早さが2分の1になるとはいえ、3人に対して走りながら指差すのは難しいと結論に至った。
 思考をめぐらしている間に廊下の端に辿り着いた。廊下の端には階段があり、上ることも下ることも可能だったが、僕は瞬時に下ることに決めた。上がっても校舎から出れるかは怪しい。
 後ろを見ると、3人の人間との距離が縮まりつつあった。
 僕は階段を1段飛ばしで下りた。半分くらい下りたところで、3人が追いついた。彼らは僕を見つけると、3人のうち2人が1人を担ぎ上げて瞬時に僕に投げつける。
 僕はそれを確認すると残りの半分の高さから、飛び降りた。地面に着地すると同時に転がるように横に移動する。
 僕のすぐ横に投げられた1人が落ちてくる。そいつは手で着地し、その反動で飛び上がり、さらに壁を蹴って僕へと向かってきた。
 僕は立ち上がることも出来ず、それを見る。
 死と直結した手が僕に近づく――。

なところで、目が覚めた。
変な夢見た。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 03:01:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

紙月狐のメモ MaxAction

MaxAction

LION HEARTにて告知があったので、MaxActionの方の説明でも。

MaxActionは^迷走局のサバ柄さんが作った簡易横アクションゲームを作るエディタです。
今回は、このエディタを使ってちょこちょこと作業してました。
内容の多くは内緒です。
まあ、言える事は文をモチーフにしたゲームだということくらいでしょうか(笑)。
基本的にはステージを選択して、ゴールまでたどり着くもので、一つのステージが20秒未満でクリアーできます。
ミニゲームって感じなので気が向いた時に、ちょっとやって頂ければといった感じです。
ゲームのイメージとしては^迷走局にて配布されているものをプレイして頂ければ、大体どんな感じかはつかめると思います。

あと他にも烈華伝本編用の作業は行っていました。
ウチの作業は大体終わった感じではありますが、ちょこちょこと修正はするでしょうねえ。
  1. 2006/12/21(木) 12:57:27|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紙月狐のメモ 忘れてた

忘れてた

何を忘れてたかといいますと、日記書くの忘れてました!
きっちりと週1ペースで書いていたのですが、前書いてから今日で8日目です orz
このままじゃだれてしまいます!
ということで、こっからは頑張って忘れないようにして、週1で書きます。
数は増やしませんよ?(笑)

最近はディスガイアと作業で忙しいです。
ディスガイアやる時間があるなら忙しくないでしょと突っ込まれそうですが、まあ、アレです。
アレなんです!
そんなわけでプレイ時間が80時間とか越えてますけど、きっと気のせいでしょう。
さて、時間のあるうちに作業をやってしまわないと。
  1. 2006/12/14(木) 12:36:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

紙月狐のメモ 鳥のとまり方の法則

鳥のとまり方の法則

綺麗な黄色に葉の色を変えた木を眺めながらベランダで休憩をしていた。
ふと、視線をずらすと建物の屋上に鳥が止まっている。
鳥は全部で11羽で、1、2、1、2、2、1、2羽と等間隔をあけてとまっている。
鳥のとまり方に何か法則があるのかと適当に思考を巡らせ、3進数という言葉が思考の中に浮かんできた。
解がいくつになるのか暗算をしていると、解が出そうなところで鳥が2羽増えた。
計算のしなおしだ。
だが、面倒くさかったのでそこで思考を停止することにした。
そんなことを適当に考えているならやることをやれという話だが、現実逃避とはそんなものだろう。

……PSP版のディスガイア買いましたが、こんなやり込みゲーをプレイする時間はそんなに取れません orz
  1. 2006/12/06(水) 12:43:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

紙月 狐

Author:紙月 狐
紙月狐のメモです。
適当に更新。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。